築38年木造戸建スケルトンリノベーションの内装

築38年木造戸建スケルトンリノベーション

事例概要

築38年木造戸建。住まい全般が老朽化していたので、骨組みだけを残すスケルトン工事を実施しました。耐震補強や断熱工事もして、住まいの性能もアップ。これから先も長く安心して暮らせる住まいです。そんな大掛かりな工事でしたが、実は階段のペールブルーの窓は塗装して再利用したものなんです。プランナーからの「これは残しましょう!」との提案だったそう。「何が再利用できて、何がダメなのかが分からなかったので、最初は『え!?これ、使えるの?』と思いました。」蘇ったお家にもぴったりと馴染む、素敵なアクセントになりましたね。窓を開け放つと、リビングにフラットにつながるウッドデッキ。将来、お子さまが素振りができるように… 。でもまだ小さい内は、ビニールのプールが置けるように… と、だんな様は将来を色々シミュレーションしながらスペースを考えたそうです。「築38年の木造の家がこんなふうに変わるんだなぁと思いました」との事でした。

建物 戸建

築年数 38年