築33年の実家リノベの浴室・風呂

築33年の実家リノベ

事例概要

空き家となっていた奥様のご実家を受け継ぎ、リノベーションされることにしたご夫妻。人が集う家にしたいというご希望と、元々二世帯だった広い住まいをどう活かしていくか、という事をお悩みでした。そこで、生活スペースを2階にまとめ、1階はオフィスと友人達が集まり自由に使えるパブリックスペースとして活用するプランをご提案。2階は階段を北側に掛け直し、日当たりがよく庭を一望できる場所に家族の語らいの場であるアイランドキッチンを配置、リビングダイニングは丘陵地の眺望の良さを生かして新しく設けたルーフバルコニーにつなげました。シンボルツリーのしだれ桜を眺めるためのリビングの窓、リビング~廊下~脱衣室への風の通り道となる回転窓… 等、プラン上の工夫は盛りだくさんですが、既存部材も可能な限り生かしています。元の音楽室の防音の為のガラス戸は子ども部屋、階段、玄関の明り取りとして甦りました。電気を自分たちで発電して使う“創エネルギー”への関心も高かった為、自治体の補助金を活用して、高断熱を実装、太陽光発電システムと蓄電池も設置しています。

建物 戸建

築年数 33年