おうとくケアセンターの浴室・風呂

1階大浴室。個浴は吉野檜にて製作。右の空きスペースには機械浴を設置予定。【山本嘉寛建蓄設計事務所|大阪・奈良の建築事務所】

おうとくケアセンター

事例概要

空き家になった築35年超の古い事務所ビルを高齢者施設へとコンバージョン(用途変更)する計画です。建設当時の図面や役所の完了検査を受けた記録が存在しないため、現況の実測図面作成と構造計算のやり直しを行い市役所の審査を受け、事務所を高齢者施設へと用途変更、さらに新しく増築した部分の確認申請手続きを行い現在の建築基準法にのっとった建築へと更新しています。1Fはデイサービスセンター(通所介護事業所)、2F・3Fはショートステイ(指定短期入所生活介護事業所)として再び活気があふれる建築へと生まれ変わりました。 【設計:山本嘉寛建蓄設計事務所 / 撮影:笹倉洋平】

建物 店舗・施設

築年数 35年

専有面積 750m²

費用 1億1000万円

おうとくケアセンターの間取り図