小手指の住宅のリビング・ダイニング

小手指の住宅

事例概要

複雑な形状のマンションですが、回遊性のある廊下を構成し、中心には水まわり、廊下から放射状に各部屋にアクセスできるように計画しています。廊下には階段もあり、マンション形状と相まって、変化に富んだ空間となっています。 キッチンは既存のものを使っていますが、ディテールや部分的に素材を変えるなどし、新しい空間に馴染ませて、カウンターキッチンや、畳スペースと一体になった使い方ができるようになっています。 勉強・仕事・絵画などの活動を行う家族共用のアトリエ、寝室、それぞれ活動内容により分けられた部屋が、回遊性のある廊下を介して適度な距離をとりつつ繋がって、生活のリズムをつくり出しています。 (photo:kai nakamura)

建物 マンション