リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

リビング・ダイニングの収納術

リビングには家族が集まるのと同様に、多様なものがたくさん集まり雑多な印象になりがち。リビングに持ち込むものの量をふまえて、収納スペースも事前に確保しておきましょう。使う場所と片づけの動線をイメージすると適切な設置場所が見えてきます。また、壁面収納も有効です。収納も立派なインテリアの一部としてとらえ、飾って見せるのか、扉の中にしまうのかを消えていきましょう。

リビングボードとシステム収納(壁面収納)を有効活用

リビングボードは、コレクションを飾ったり、テレビやAV機器を設置することができる棚をもつ家具のこと。AV機器まわりの小物などは棚にしまうことが、ごちゃごちゃと見えないことの鉄則です。リビングボードは置き家具として設置するものはもちろん、リフォームやリノベーションの際に建物の躯体に固定させるプランも人気です。壁の厚みを利用した壁埋め込み型収納にすれば、さらに省スペースになります。

壁面収納を取り入れるときは、各メーカーから出ているシステム収納を取り入れるのが便利です。収納を設置するスペースや収納するものに合わせて、ボックスやユニット、扉などを自由に組み合わせることができるので、好みどおりのインテリアコーディネートにも一役をかってくれるでしょう。テレビやAV機器を組み込めたり、本棚や飾り棚として使うプランなど、組み合わせ方で様々な収納バリエーションができます。

また、オリジナル家具をオーダーすれば、リビング・ダイニングのイメージにぴったりの収納が手に入るので、こだわりのインテリアコーディネートが完成するでしょう。

関連コラム