リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

リビング・ダイニングの壁材・クロス

人気の壁材は?

使われる機会の多い壁装材はクロス、一般に言う壁紙のことです。中でも、現在主流となっているのがビニール製。表面の印刷技術の発達で、布に似た風合いから金属や石に近い模様まで、色や柄が種類豊富で選ぶ楽しさがあります。他の壁材に比べて安価な事も人気の理由となっています。

左官工がコテ塗りをする塗材は耐火性、耐熱性にも優れ、調湿作用もあります。しっとりとした質感と照明の光がやわらかく反射して、木材とはまた違ったぬくもりある空間に仕上がります。漆喰やペンキなどは施工に任せずに「DIY」で仕上げる人も増えてきました。自分たちの手で仕上げた内装は愛着も湧き、何より自分の手を動かした経験が楽しい思い出になるでしょう。

機能面

壁は内装のインテリアイメージを大きく左右するだけでなく、耐久性、遮音性・吸音性、耐水性・吸湿性、断熱性など、それぞれの素材がもつ機能面がポイントとなります。機能は素材によって異なるので、リビングの用途や生活スタイルに合わせて最適なものを選びましょう。

デザイン性

素材や色によって部屋全体のイメージが大きく変化するので、リフォームの際にはデザインにもこだわりたいところ。家具や照明計画との調和を考えたイメージを明確にしておくと、数多くある壁材から適したものがおのずと選びだされるはず。

[主な壁・天井材]

クロス(紙/布/ビニール)、タイル(石材)、塗材(漆喰/ペンキ/セメントモルタルなど)、木質(壁材にに使用する場合はほとんどが合板)など

関連コラム