リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

リビングのカラーコーディネートのコツ

インテリアの原則としては、床を濃い目の色にして、壁から天井へと上にいくにしたがって明るい色を使うこととされています。天井が高く見え圧迫感がないナチュラルな空間が広がります。壁や天井との調和を考えて床材の色や素材を選びましょう。

リビング・ダイニングのカラーコーディネートの基本

リビング・ダイニングの中心に置きたい家具のカラーをベースに考えます。

もしまだ決まっていない、もしくはこれから選ぶという場合には、部屋の中にある木部の確認からスタートしましょう。特に広い面を占めているフローリングの色をベースに考えます。たとえば、濃茶色の木材には、明度の低いカラーがしっくりきます。対して白っぽい木材には、明度の高い、パステルやペールトーン色を合わせればまとまります。こうして全体の色調を整えることが大切です。

広く見せたいときは?

暖色系のカラーは部屋を狭く見せ、寒色系のカラーは部屋を広く見せるというのが一般的です。寒色を使ったコーディネートが寒々しい印象で苦手という人は、壁の色とカーテンの色を合わせてみると、壁と一体化して空間性がアップします。

明るいリビングにしたいときは?

明るい気分になる色はやはり暖色系、ビビットな赤やオレンジを取り入れてみましょう。形の美しいデザイナーズチェアやローテーブルをオレンジにしたり、花瓶やクッションなどの小物でアクセントとして取り入れるだけでも、ずいぶん部屋全体の印象が変わります。

ゆったりとリラックスできるリビングにしたいときは?

人に安心感を与える色は、ナチュラルな木を思わせる茶と緑です。茶色と緑色をベースにしてコーディネートしながら、小物に暖色系をアクセントに取り入れることで、さらにほっこりと和める空間に仕上がります。

関連コラム