リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

キッチンの吊り戸棚の選び方

壁側に向いたキッチンの上部に付いている棚が「吊り戸棚」です。

吊戸棚の戸の部分は、本体と同じ材質のものかガラス戸になったものが多く見られます。戸棚の半分にのみ戸があるなどの変則タイプもあります。

大きさ

吊り戸棚の収納術は、収納する予定のものを一度、一覧表などに整理してみることをおすすめします。普段のキッチンでの作業を想像して、動線と何をしまうのかも考えながら、吊戸棚のサイズを決めましょう。

高さ

吊り戸棚を選ぶ際に、サイズと並んでもう一つ大事な要素は「高さ」です。背を伸ばしても届かない高さの吊り戸棚は日常よく使うものの収納には向きません。とはいえ、低い吊り戸棚はキッチン作業時に圧迫感を感じてしまいます。キッチンに立つ人の身長や収納するものの種類で、高さを見極めましょう。

吊り戸棚収納術

吊り戸棚は基本的に高い場所にあるので、使用頻度が少ない物を収納します。安全面も考慮して、高い位置には軽い物を、低い位置に重い物を収納すしましょう。

また、小物などは散らばらないようにトレーに入れたりしますが、目線が届きにくい場所なので小物の収納にはあまり向きません。

扉は半透明のガラス戸にすると、中に入っているものが丸見えにはならずに、かつどこにしまってあるかわかりやすくなります。

関連コラム