リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

キッチンパネルの選び方

キッチンのコンロ周辺の壁材は、耐久性と耐火性が圧倒的に優れていたタイルが使われていましたが、そのタイルに代わって急速に普及しているのが「キッチンパネル」です。耐火性が高く、油や臭い、汚れがつきにくいステンレスやアルミ、タイル、ホーローなどが主に用いられています。

なんといっても汚れる箇所なので、まず第一に掃除のしやすさを考えて選びましょう。最近はどの素材も清掃性は上がっていますが、手触りや質感にはそれぞれのご家庭で好みがあるでしょう。キッチンのイメージやデザインなどと摺り合せていくこともポイントです。

キッチンパネルの種類

・メラミン不燃化粧板

耐火性の強力化やデザインバリエーションの広がりで、目地がなく清掃性に長けています。価格面も安価で、さまざまなキッチンに合わせやすいようにさまざまな色柄があるのでキッチン全体でトータルコーディネートが出来ます。個性的なキッチンや高級感のあるキッチンには、ちょっと物足りないかもしれません。

・アルミ

価格面ではリーズナブル派。リサイクルが効く素材なので、エコ思想でキッチンリフォームを行うなら、検討の価値があります。ただ、安っぽい印象に仕上がりがちなのが難点です。

・ステンレス

ごしごし拭けるので掃除が簡単なのが最大の魅力です。見た目の無機質なイメージもありますが、シンプルで機能性を備えています。業務的でクールな印象のキッチンは、意外と色々な素材と調和するので、オープンキッチンにしても違和感なく全体をコーディネートできます。

・タイル

レトロ風で昔ながらのキッチン・台所を演出したいときにはぴったりの素材です。細かい目地のタイル張りは掃除の手間がかかっていましたが、最近は大判のものや掃除がしやすいものもあるので、清掃性は格段に上がっています。タイルの持つつややかな素材感、豊富なカラーバリエーション、ひとつひとつの形が個性的なものもあるので、デザイン性の高いキッチンに仕上がります。昔からコンロ周りで活躍してきた素材なので、機能面は申し分ありません。

・ホーロー

ホーローの持つ高級感あふれる美しい表面光沢と優れた耐火性能により、いつまでも変わらないきれいな状態が保てます。お手入れも簡単。どんなキッチンにも馴染みやすいそざいです。特にシステムキッチンで取り入れることが多いようです。

関連コラム