リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

浄水器・整水器って必要?

浄水器は、水道水をろ過してにごりや残留塩素のにおいなどを除去する装置として広く知られいますし、最近ではほとんどのご家庭で取り入れています。

それに対して整水器とは、水道水に含まれる塩素や鉛などの不純物を浄水フィルターに通して除去し、その水をさらに電気分解し、アルカリ性で還元性をもつ水素を豊富に含んだ水を生成する器械のことです。

浄水器・整水器の設置方法

浄水器は水道の蛇口にセットするタイプが大半のため、設置スペースの心配は不要です。

整水器は床に据え置きタイプ、あるいは、システムキッチンの下部などに収納可能なビルトインタイプが主流となっています。

据え置きタイプの場合は、置き場所によってはキッチン作業スペースを圧迫する場合があるので注意が必要です。整水器と水道管を結ぶ配管の位置も考慮しなければなりません。対してビルトインタイプの場合は、キッチン下の収納スペースを使用するので、収納スペースを別に確保する必要があります。

浄水器・整水器どちらが必要?

浄水器・整水器ともに、多くのメーカーから多様な機種が出ています。

例えば水道水の安全と味覚をよくしたいのなら、浄水器でよいでしょう。カルキと有害物質を除去し、カビやカルキ臭を除去してくれます。

さらに、水を健康や暮らしに積極的に役立てたいというこだわり派には整水器をおすすめします。pHを変えてアルカリ性や酸性をつくるアルカリ整水器は、pHを調整することによって、料理に適した水、お肌の手入れに適した水などに変えてくれます。用途に合わせてに成分を変えてくれる調整できる優れた製品も登場しています。

もちろん整水器の方が価格は高くつきますが、浄水器・整水器のどちらを選択するか、そもそも必要かどうかは、地域の水質事情やご家庭の「水」に対する価値観や考え方によって見極めることが大切です。

関連コラム