リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

オープンキッチンをとことん楽しもう

明るく開放的なオープンキッチンが今や大人気。家族とのコミュニケーションが取りやすく、みんなの笑顔が溢れます。オープンキッチンのメリット・デメリットをしっかりと理解して、とことん楽しいキッチン生活を送ってみませんか?

料理を家族や友人と楽しめる

オープンキッチンはダイニングとの間に壁や吊戸棚設けないので、人の行き来も容易です。ダイニング側との会話だけじゃなく、気軽に料理や片付けにも参加しやいもの。特に

アイランド型やリビングダイニングに対面したオープンキッチンは、大人数でカウンターをぐるりと囲むこともできます。

V字型のシンクが備え付けられているキッチンカウンターもあります。三方向からシンクを共有できるので作業もはかどりやすくなります。

カウンターテーブル付きのキッチンで気軽に食事

キッチンにカウンターテーブルを造作してスツールを配置するプランは、料理中でも家族とさらにコミュニケーションがとりやすいもの。朝食やおやつ、お茶をするときなどの軽食のときには料理をダイニングテーブルまで運んだり、片付けをする手間が省けて便利です。

小学生のお子さんがカウンターで宿題してる様子を見ながら料理をする、など様々な使い方ができます。また、お酒好きな方は、ちょっとしたバーカウンターのように使うのも雰囲気があっていいかもしれません。

オープンキッチンの収納術

オープンキッチンは、キッチンが丸見えになるため、収納術が心配と言う人も多いのではないでしょか。キッチンリフォームの際にキャビネットなどに収納しきれない食品や食器、道具類など雑多なものをしまっておける収納庫(バックヤード)をキッチンの隣に設けてみてはいかがでしょう?

キッチンの背面に置く収納ストッカーも有効です。サイズや色はもちろん、材質や扉の開閉の仕方などバリエーションが豊富に揃っているので、収納量やキッチンのイメージにぴったり合う物を選びましょう。

どうしても収納スペースが十分設けることができない場合は、特に見えることを意識して「使ったら片付ける」という習慣をつけることが大切です。デザインの良い道具や食料品のラベル、食器などをあえて「見せる収納」としてディスプレイするとインテリアのアクセントにもなります。

手元を見せないオープンキッチンも

キッチンは毎日使う場所なので汚れやすく散らかりがち。洗い物がたまったシンク、散らかった調味料など、雑然としがちな部分を隠してくれるプランがあります。

キッチンカウンターに立ち上がりがある「ステップ対面」キッチンは、シンクや調理中の手元を隠してくれるのでカウンター上に調理器具や料理の材料を広げてもダイニング側からは見えません。雑然とした印象を与えにくく、料理に集中出来るというメリットがあります。シンクからリビングダイニングへの水はねも防げます。

関連コラム