リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

キッチンワークトップの選び方

キッチンワークトップとは、キッチンカウンターでも重要な部分、キッチンの作業台のことです。カウンターや天板などとも呼ばれ、キッチンワークの中心的存在であり、外来のお客からも目立つ存在なので、キッチンワークトップの素材のえらびかたでキッチンの印象ががらりと変わる重要な存在です。

キッチンワークトップの素材は、もっとも一般的に使用されているステンレスの他にも、人工大理石(人大)、タイル、天然石、様々な種類があります。各素材ごとの特徴を掴んで、デザインだけではなく、ライフスタイルに合った素材を選びましょう。毎日使う場所なので、耐久性・衝撃からの強さ、衛生面、耐熱性、お手入れのしやすさなど多角的な観点から選ぶことが重要です。

キッチンワークトップの種類と選ぶポイント

◆ステンレス

耐熱性、耐水性、耐衝撃性、衛生面で優れていることから、キッチンに最適な素材として広く普及しています。傷が付きやすいのが難点ですが、その傷から腐食を起こすようなことはないので衛生面では安心です。またデザイン的には冷たい印象のステンレスですが、表面加工によってだいぶ違った風合いに仕上がります。表面仕上げに、ツヤ消し(マット)、鏡面仕上げ、ヘアライン仕上げ、バイブレーション仕上げなど様々なタイプがあります。

◆タイル

表面の美しい輝き、滑らかな手触りなど、キッチンのデザイン性が高まる素材となっています。耐久性・耐熱性に長けていますが、目地の間に汚れがたまりやすく、掃除に手間がかかります。また、衛生面でも注意が必要です。

◆人工大理石

傷がつきにくく、手入れしやすい素材ですが、あまりに安価なものを選ぶと安っぽい印象になってしまいます。人工大理石はポリエステル系とアクリル系の樹脂性に分かれます。ポリエステル系は安価ですが汚れが沁み込みやすく、熱に弱いのが難点です。アクリル系の人工大理石は、耐熱性や見た目の高級感もポリエステル系に勝りますが、その分価格は高くなってきます。

◆天然石

高級感たっぷりの天然石は、特に海外のシステムキッチンで良く採用され、ゴージャスな印象のキッチンに仕上がります。素材ならではの高級感と手触り、独特の美しさが魅力ですが価格は高くついてしまいます。天然のものなので汚れが染み込みやすく、変質してしまうこともあります。

関連コラム