リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

キッチンの床・壁の選び方

キッチンに向いている床材の種類・選び方

キッチンは使用頻度も多く、また調理中の油や水など、とにかく汚れやすい場所です。人の動きも多いため、清潔感、耐久性、掃除のしやすさなど、様々な観点から機能性が高い床材を選ぶことが重要です。

◆クッションフロア

表面がビニール材で手入れしやすく、水に強いのが特長。キッチン床材のオーソドックスなものとして昔から愛用されていますが、ちょっと安っぽい風合いなのが難点。レトロな雰囲気のキッチンを演出したいときにはぴったりです。

◆フローリング(合板)

表面加工をされたものは水に強く丈夫ですが、油性の汚れには注意が必要です。木目調のあたたかさは魅力ですが、意外に傷が付きやすい。

◆タイル

汚れや傷に強く、表面がつるつるしているので、掃除のしやすさは抜群です。感触が冷たいため、寒い季節には防寒対策を考えましょう。様々なデザインや色が豊富にあり、何より耐久性が抜群です。

◆コルク

表面加工技術の進化により汚れに強くなったコルクは、キッチン床材としても採用されることが多くなってきました。何より足に感じる柔らかい感触の良さは床材の中でも人気です。

キッチンに向いている床材の種類・選び方

床材と同様にどうしても汚れやすいキッチンの壁。特に火を使うコンロ周辺は、油汚れや高熱にさらされるため、劣化が進みやすい箇所です。もちろん防火・耐熱にも配慮が必要です。

最近は不燃材を使った壁材もバリエーションが豊富になってきています。クロス・壁紙でもそういった機能を持つ製品もあります。また、キッチンや洗面室などに向いているのが、汚れがこびりつきにくく、汚れても落ちやすい加工が施されたキッチンパネル。タイル調のものや石目調のものなど色柄も選べる幅が広がっています。

キッチン周辺の壁材で根強い人気なのがタイルです。耐火性・耐久性に富み、色柄や形のバリエーションや仕上がりの美しさなどデザイン性は抜群です。細かい目地のものは掃除のしにくさから敬遠されがちですが、汚れにくい目地材も発売されています。

関連コラム