リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

レンジフードの選び方

キッチン用の換気扇は、コンロ上を覆うフードとファンを一体化したものを「レンジフード(ファン)」が主流です。コンロに対して箱状にかぶさるフードがあり、従来の換気扇に比べて煙や臭いを効率的に吸い込んでくれます。ファンの手前のフィルターが油汚れをシャットダウンするので、ファン自体が汚れにくいのでお掃除が簡単です。

レンジフードの多様な機能としては、換気扇が排気しかできませんが、レンジフードなら給気も行えます。また、運転停止時の排気口、給気口からの冷気侵入を防ぐため、電動シャッターを連動させるなど高気密住宅への対応も進んでいます。基本的に照明機能付きで、コンロの部分の手元や鍋を明るく照らすことが出来るので、調理中の安全性も高くなります。

最近ではレンジフードがシステムキッチンのビルトインコンロとセットになった商品も登場しています。

ファンの種類

レンジフードは「シロッコファン」「プロペラファン」「ターボファン」のの3種類に大別されます。

プロペラファンは、最も一般的なファンでプロペラ状の羽を回転させて空気を吸い込み、排気する換気扇で、壁に設置した換気扇が代表的です。戸建住宅の直接排気用として使用していますが、外部の風圧の影響を受けやすいと言うデメリットがあります。壁付けタイプのため、設置工事が比較的簡単になります。

シロッコファンは天井や壁の中に配置したダクト(=管)を通じて排気・給気するタイプ。また、ダクト配管が必要なマンションなどの建物では、自由な向きに排気することができ、プロペラファンに比べ風の影響を受けることも少ないのが特徴です。換気扇と異なり壁から離れた位置にも付けられます。

ターボファンは排気効果に優れ、屋外への直接排気も可能。中高層マンションなどでダクト排気をする場合などに適しています。羽根の長さが比較的長く、後ろ向きに反った羽根がついており、ファンの中では最も効率がよい換気扇です。

レンジフードのお手入れは?

レンジフード内のファンはフィルターで守られていますが、単純な換気扇よりも内部が複雑になっているため掃除はなかなか手間取ります。むやみな解体作業は故障の原因にもなりかねないので、ハウスクリーニング業者などに依頼するご家庭も多いようです。

関連コラム