リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

ガスコンロのリフォームの考え方

進化を遂げているガスコンロ

今やガスコンロはかなり進化しています。

古いタイプのガスコンロは、使用しているパーツが多く掃除の手間がかかるものでした。表面がツルツルで掃除がしやすいガラストップガスコンロは、表面がツルツルで凹凸もなく、とにかく掃除がしやすいのが特徴。こびりついた汚れが落ちにくく重かった五徳も、小さく軽くなったものも登場しています。

料理を作るときにも役立つ便利な機能としては、自動調理機能つきのコンロがあります。スイッチ一つでご飯を炊いたり、魚をこんがり焼いたり、揚げ物のときには油の温度を一定に保ってくれるなど、火加減を見るわずらわしさをカバーしてくれます。

また、グリル部分の容量がぐっと増えたことも注目です。広くなったので大き目の魚はもちろん、ダッチオーブンをそのまま入れてられるグリルもあり、魚を焼くだけではなくオーブンのように活躍してくれます。

そして安全性にも変化があります。最新のガスコンロには全てのコンロに安全のためのセンサーが付いています。2008年10月から全てのガスコンロにセンサー搭載が法令により義務付けられました。それ以前のコンロにはセンサーがついていないものもあります。

ガスコンロのリフォームは簡単

ガスコンロの交換リフォーム自体はとても簡単な作業です。取り付けられているコンロを取り外し、新しいものに交換します。現在はガスコンロは天板が75cmのものと60cmのものが一般的なので、まずは自宅のコンロのサイズを計ってみましょう。

ガスコンロの寿命はだいたい10年が目安と言われていますが、利便性と安全性を踏まえて思い切って最新のリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

関連コラム