リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

キッチン収納のコツ

収納量と動線を把握する

まずは、キッチン・台所にどれだけの収納が必要なのか、きちんと把握する必要があります。収納の奥や吊戸棚の上部などに、未使用の食器や調理器具をしまいこんでいませんか?まずは手元に残しておくものを整理してみることが賢い収納術の第一歩です。

キッチン収納の基本は、「動線に合わせて物の定位置を決めること」「使うそばに収納すること」です。調理手順を思い浮かべながら道具、食材、調味料を使いやすい場所に配置しましょう。そして定位置をきちんと決めて、使ったら戻すことを徹底することで作業スペースが常に確保されます。また、使うそばに収納すれば動作が最小限で済みます。頻繁に使う物ほど動作に無理のない場所にしまいましょう。

システムキッチンの収納力を参考に

最新のシステムキッチンは、収納場所をしっかり考慮した設計になっている製品が多く、大変便利で参考になります。加熱機器の下には鍋やフライパンなど、シンク下には下ごしらえ用のボウルやザルの収納など、使い勝手が抜群です。現在主流になっている「引き出しタイプのベースキャビネット」では、奥にあるものを手前に引き出せるので、奥まで使いやすく空間を無駄なく活用することができます。

キッチンカウンター下の収納以外には、吊り戸棚、シンク下、引き出し、食器棚などがありますが、近年増えているオープンキッチンでは開放感を重視して、吊り戸棚を設けないプランが増えています。

壁を利用した「見せる収納」も有効

壁側に設置されたキッチンならば、目の前の壁を利用して道具を吊り下げる「見せる収納」がおすすめです。使う場所の近くにあって、すぐ取り出せて、すぐしまえるのが特徴。お気に入りのフライ返しやレードルなどは、バーを造作してフックに引っかけるとインテリアのアクセントにもなります。見せる道具はデザインなどで厳選して、よく手入れがされていないと逆に野暮ったい印象になってしまうのが注意点です。

関連コラム