リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

キッチンのレイアウト(アイランド型・I型・L型など)

オープンキッチン、クローズドキッチンなど間取りが決まったら、キッチンのレイアウトを考えましょう。

もちろん構造上の制約やコストなどの観点も重要ですが、使い勝手のよいキッチンの条件に、作業の効率がよい=動線の短いキッチンであることがあげられます。キッチンにあてられる空間を考えながら、冷蔵庫・シンク・レンジ・収納など上手に配置して、無駄な動作を少なくしましょう。

レイアウトの種類と特徴

・I型

シンク・調理台・コンロ台を一列に並べたコンパクトな配置。最もシンプルで作業がしやすいスタイルです。

・L型

シンクとコンロを振り分けるパターンが多い。ゆったりと作業したい人におすすめ。壁付けタイプの場合、窓に向けると風通しが良くて明るいキッチンへとリフォームすることもできます。

・Ⅱ型

キッチン台を2列に分け、平行に設置するタイプのキッチン。左右、振り返りの動作で効率よく作業が進められ、二人以上での調理もしやすいのが特長です。

・U型

独立型のキッチン向き。広い作業スペースが魅力ですが、内側の間隔をとりすぎると動線が長くなってしまい作業効率が下がってしまうことも。一人の作業では90cm~120cmが一般的な長さと言われています。

・ペニンシュラ型

カウンターを壁から突き出して半島(ペニンシュラ)のように配したキッチンです。ダイニングキッチンのような、オープンキッチンに向いています。ペニンシュラ部分は作業台、ダイニングテーブルなど目的に応じて利用できるのが便利な点です。

・アイランド型

キッチン台をどこの壁にもつけずに孤立させるキッチンです。全方向からキッチンを囲むことができるので、ホームパーティや、多人数で料理をすることもできるので、料理好きな家庭に向いています。

人気のオープンキッチンスタイルのレイアウトは…?

オープンキッチンのスタイルでは、キッチンがリビングダイニングに面した「対面式」と、壁に向けた「壁付型」があり、使い勝手や空間の雰囲気はずいぶん違ってきます。

対面式にキッチンカウンターを配すると、リビングダイニングにいる家族とのコミュニケーションがコミュニケーションが取りやすくなります。

壁付型の場合、壁面にお玉などの調理器具や調味料を下げて収納できたり、戸建住宅では窓を設けて光を取り入れることもできます。

また、キッチンを島のように孤立された「アイランド型」は、カウンター周りを囲んで料理をしたり、自由に出入りしやすいので大勢でも使いやすく便利です。壁付型の「I型」「L型」と組み合わせて配置するケースもあり、キッチン・台所を広く便利に使いたいという料理好きの家庭で取り入れることが多いプランです。

関連コラム