リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

キッチンの間取り

キッチン・台所の間取りを考えるときは、まず最初にリビングダイニングとのつながり方でスタイルを検討しましょう。

キッチンは「オープンキッチン」と「クローズドキッチン」の2タイプに大別できます。

「オープンキッチン」は リビングダイニングとの間に仕切り設けずに同じ空間に配置する開放性があるスタイルです。対する「クローズドキッチン」はリビング・ダイニングと壁ではっきりと分けて、キッチン・台所を一つの部屋として考えるスタイル。

スタイル選びのポイントは2つ、「料理をどのようにしたいか」と「キッチンが見えても良いか」です。

料理をしながら家族のコミュニケーションを楽しみたいならオープンキッチンがおすすめ。料理をしているときは集中して手早く済ませて、そのあとゆっくりとリビングダイニングで寛ぎたいならばクローズドキッチンが適しています。

キッチン・台所は道具や食材など物が多く、特に作業中はどうしても散らかった印象になりがちな場所です。オープンキッチンは基本的にはキッチンが丸見えになってしまうので、不安を感じる人はクローズドキッチンがおすすめです。

間取りの特徴

・オープンキッチン

部屋全体がひとつながりになるので、広く感じられ、家族とのコミュニケーションがとりやすいのが最大の特徴です。家族の気配を感じながら家事ができるので、特に小さなお子様が居る家庭で好まれることが多いようです。キッチン周りがすべて見渡せるので、手元やシンクも丸見えに。散らかった印象にならないように収納には特に気を使いたいところ。また臭いや熱がリビングダイニングに伝わりやすい欠点もあります。

・クローズドキッチン

キッチン・台所が独立した一つの部屋になっているので、調理台や手元を見られることを気にせず料理に集中できます。また、油煙や臭いが他の部屋に流れにくく、調理時の油はねなどがキッチンスペースで留められるので、掃除やお手入れが楽です。家事動線が長くなりがちなのが難点。また、閉塞感も生まれるのでキッチンへの光と風を積極的に取り入れる工夫が必要です。

・セミオープンキッチン

カウンターやウォールキャビネット、トールキャビネットなどで部屋との仕切りをつくり、これに開口部を設置したタイプのキッチン。作業の手元も隠れつつ、ダイニングにいる家族とのコミュニケーションがしやすいのがうれしい。オープンキッチンとクローズドキッチンとの中間的存在で、両方の利点をうまく取り入れているのが特長です。

関連コラム