リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

リノベーションの段取り

実際にリノベーションがどう進むのかを一般的なフローチャートとしてご紹介します。不動産、設計・施工、ローン契約など様々なことに関わり、やることは多岐に及びます。それぞれにベストなパートナーを見つけて、同時進行でスムーズに進めていきたいところ。

1.中古住宅・マンション探し

リノベーションをすることを前提に中古住宅をリフォーム前でリーズナブルな状態の物件を探してもらえる不動産を探しましょう。

2.設計・施工の依頼先に相談

1.の物件探しと同時進行しておきたいのが、設計・施工の依頼先。理想のデザインや間取りを一緒に作り上げてくれる感覚の合うパートナーを探しましょう。物件が決まったら、希望の工事内容が実現できる物件なのか、どんなデザインやプランが考えられるのか相談しながら進行していきます。

3.不動産売買契約、工事請負契約

売主と不動産売買契約を結ぶタイミングで、できるだけ早く工事がスタートできるように、設計・施工の依頼、見積もりも進めておきましょう。

工事内容と見積もりに納得ができたら、施工会社と工事請負契約を結びます。(マンションの場合は管理組合への工事承認手続きが必要となります。)

不動産売買契約で一般的に欠かせないのが住宅ローン。返済に関するアドバイスや契約までじっくり納得のいくまで相談しましょう。

4.物件引き渡し、着工

物件引き渡し後、ついに着工です。解体した時点で工事内容やプランに変更が必要になる場合もあるので、設計士や施工会社とうまく連携を取りながら進めていきます。

また、騒音をともなう工事の場合は、近隣に挨拶をしておくこともお忘れなく。

5.完成

設計士や施工会社が立ち会いのもの、竣工検査で工事に不備がないかを最終確認します。

【TIPS】ワンストップサービスとは?

中古住宅・マンション探しから設計・施工、そして住宅ローンの申し込みまで一括で行ってくれるサービス。一般的には別々の会社の依頼することをまとめて行えるので、わずらわしい契約業務などの負担は軽減。「こんな暮らしがしたい」というプランニングすることに集中でき、理想の住まいへのスムーズな住み替えが実現します。

関連コラム