リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

リノベーション費用とローン

リノベーションの費用

リノベーションの設計費・内装工事の総工費は、戸建かマンションか、もちろん内容によって幅があります。内装や設備、壁などを全て撤去する「スケルトン」からのリノベーションはフルオーダーになるので、目安は800万円~1,500万円とされています。

さらに、中古マンションや住宅を購入するリノベーションの総費用は「中古物件購入費+工事費」の他にも、不動産を購入する場合はその諸経費や各種税金、中古マンションの場合は、完成後に毎月発生する管理費+修繕積立金も予算に組み込んでおく必要があります。

トータルで費用をしっかりと割り出し、あとで「お金が足りなくなった」と慌てないように事前に資金計画を立てておきましょう。

資金計画

今どれだけお金が用意できるのか(自己資金+融資限度額)、今後どれだけお金を使うのか(ローン返済+共益費+税金)、この両面から割り出していきます。

融資限度額は、年収からおおよその額が決まります。ネット上で一般金融機関のシミュレーションを利用して調べることができるので、利用してみましょう。

また、融資限度額と合わせて確認したいのが、月々の支払い可能額。実際は、限度額いっぱい借りてしまうと返済額が大きすぎて、日々の生活がままならなくなってしまう方が多いのでは?

月々の返済額・期間から融資額を逆算し、自分にあった総予算を決めましょう。

リノベーションとローン

中古マンション・住宅を購入する際、基本的にはリノベーション工事費も含んだ額で住宅ローンの借入が可能です。しかしながら、かならず全額融資が可能ではありません。また、特に中古物件では審査が厳しいため、金利の高いリフォームローンしか使えない場合が多いのが現状です。各金融機関の規定などを確認して、トータル費用をどういった資金繰りでまかなうのかを確認しておきましょう。

リフォームローン(無担保ローン)

リフォームのために利用できる「リフォームローン」は、民間の金融機関で一般的に取り扱われています。審査が比較的やさしいのですが、借入可能額は少なく(50万~500万円程度)、借入期間は10年で金利が高めなので、無理のない返済計画が必要です。

住宅ローン(有担保ローン)

リフォームローンよりも多くの借入れが出来(500万~5,000万円程度)、返済期間も長くなっています。年収・勤務先・物件概要・自己資金率等の諸条件によって変動幅が大きく、各金融機関の規定もクリアしなければいけません。抵当権の設定が必要、審査に時間がかかるなどのデメリットもあります。

コストダウンのテクニック

優遇措置を利用する

耐震、バリアフリー、省エネなどのリノベーションで減税措置・補助金制度を受けられるなど、様々な措置が用意されています。各種条件を調べて、要件を満たした中古物件を探したり、設計・デザインをプランニングしましょう。

楽しみながらDIYで

大掛かりな工事はもちろん施工会社にお任せしますが、たとえば、壁や天井を下地そのままで、自分たちで壁紙を貼ったりなど、工事の一部をDIYで仕上げることで工数を減らすことができます。自分の手を動かして家を作り上げることで、さらに我が家への愛着が高まるでしょう。

関連コラム