リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

リノベーションとリフォームの違いって?

本来、「リフォーム」は英語で「悪い状態からの改良」を意味があります。リフォームとは、老朽化した家やマンションを新築時の状況に近づけるための修繕的な工事をすることを言います。

対して、リノベーションとは、今の時代や現在のライフスタイルに合わせて間取りから内装や外装、設備を見直し刷新します。

新築時の状態に戻すことを目標にするのではなく、中古住宅やマンションの機能を向上させ付加価値を追加して再生させることが、「リノベーション」です。改修を行う上で、間取りや内外装を自分好みに刷新しながら、現代のライフスタイルに合った快適な住まいにすること。こうして、思い通りに再生した住まいは愛情もひとしお。手を入れながら大切に長く使い、次世代へ引き継いでいく。

それがこれからの住まいのカタチ、「リノベーション」です。

リフォームとリノベーション、実のところ施工自体や内容には明確な区切はありません。数あるリフォーム・リノベーション会社の理念や施工事例を見比べてみると、自分の理想とする生活スタイルを叶えてくれるような、好みに近いものが見つかるはず。リフォーム、リノベーションの言葉の違いにだけとらわれずに、「どんな暮らしがしたいのか、どんな家にしたいのか」を明確にしておくことが大切です。

関連コラム