リノベーション・リフォーム事例のオンラインショールーム、HOUSY(ハウジー)

リノベーションの意味

中古マンション等を自分のライフスタイルに合った空間にデザインすること。

自分なりの価値観で「いいな」と思える中古住宅やマンションを見つけたら、機能や設備を見直し、性能を必要に応じて更新・改修したり、その物件での生活に対処した包括的な改修を行います。

改修を行う上で、間取りや内外装を自分好みに刷新しながら、豊かで現代的な住まいに再生していきます。

こうして、思い通りに再生した住まいは愛情もひとしお。手を入れながら大切に長く使い、次世代へ引き継いでいく。

それがこれからの住まいのカタチ、「リノベーション」です。

リフォームとの違い

一般的にリフォームとは、老朽化した家やマンションを新築時の状況に近づけるための修繕的な工事をすること。

対して、リノベーションとは、今の時代や現在のライフスタイルに合わせて間取りから内装や外装、設備を見直し刷新します。

新築時の状態に戻すことを目標にするのではなく、中古住宅やマンションの機能を向上させ付加価値を追加して再生させることが、「リノベーション」です。

なぜ今「リノベーション」

日本は新築物件に価値を見出す「新築至上主義」の観念が根強く、約30年ごとに建物を壊しては建て替える「スクラップ&ビルド」を繰り返してきました。

これからは、価値あるものをつくって、長く大切に使う「ストック型社会」へ。良いものを蓄積(ストック)し、リユースしていく、循環型の消費スタイルが未来のスタンダード。今後も増え続ける中古住宅やマンション(ストック)を活かし、再生させ次世代へ引き継いでいくリノベーションは、ストック型社会の住まいのあり方として注目されています。

関連コラム